本文へ移動

スタッフブログ

ファイナンシャルプランナーのつぶやき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

夢のマイホーム

2019-11-26
老後2,000万円不足問題が取り沙汰されて4か月ほど経つのでしょうか。
あの金融庁の報告書は、2017年の総務省が発行している家計調査をもとに
作成されています。
 
65歳以上の夫と60歳以上の妻、2人がもらう年金と消費する生活費との間に
約55,000円乖離がある(55,000円生活費のほうが多くかかる)
これが、95歳までの30年間で試算すると約2,000万円足りないという理屈です。
 
注目すべきは、住居費です。
ここでは、住居費は、月々13,000円の支出になっています。
言うまでもなく、月々13,000円で賃貸に住めるなんてことはありません。
 
なぜこのような調査結果になっていつのでしょうか。
その原因は、60歳以降の方の持ち家率にありました。
60歳以上の方の90%以上がなんと持ち家に住んでいるんです。
その中の平均値をとれば、住居費が毎月13,000円だとしても納得できます。
 
えっ・・・。
ということは、老後に用意するお金は、2,000万円だけじゃないんだ。
松山市の平均家賃相場は月々6.4万円。
これを30年間で掛け算すると2,300万円になります。
 
全部合わせると、老後に用意するお金は4,300万円になります。
例えば、30歳の方が65歳までに4,300万円を残そうとすると毎月10.2万円の
貯金が必要になります。
 
30歳の方で、老後のために毎月10.2万円貯金している方と僕はであったことは
ありません。
絶対無理でしょう。
 
一方で、夢のマイホームを思い切って建てた方は、住宅ローンの支払いにあくせく
している状況だと思いますが、いずれ支払いは終わります。
その後に住居費を払わなくてよい時が訪れます。そうすると、老後に用意するお金は
2,000万円で済む訳です。
 
この日本で老後を過ごすなら、マイホームは必須なのかもしれません。
それにしても、これからマイホームを持とうとする方って本当に強運の持ち主ですね。
金利がありえないくらい下がってますもんね。
 
高い買い物になるので、慎重にすべきですが、建て時はまさに「今でしょ」

キャッシュレス化の狙い

2019-11-25
今年10月、消費税が2%上がり、約2か月経過しました。
クレジットカードやスマホ決済でお買い物をすれば、中小店舗では、5%還元とあって
 
キャッシュレス化が急速に進んでいきそうです。
日本は、他の国と比べると、キャッシュレス化が遅れているそうで、2016年
時点での比率は、19.9%。
 
隣の韓国では、96%・中国では、65%なので、遅れているのは一目瞭然です。
そんな中、消費税増税に伴って、キャッシュレス化を推進していこうという
狙いで、ポイント還元という餌を使って、取り組んでいます。
 
お客様の中にも、クレジットカードを作りたいんだけど、どのカードを作ればよいか
聞いてこられた方もいらっしゃったり、周りでもPayPayに登録したりという方が
増えたなぁという印象です。
日本政府にとってもキャッシュレス化が進めば、お金の製造コストが大幅に削減できるし、
いろんなお店(特に中小店舗)がキャッシュレスで買い物ができるように設備を導入してくれると
インバウンドが観光で訪れやすくもなるのでメリットはたくさんあります。
 
ポイント還元は、来年6月までの期間限定ですが、それ以降もクレジットカード自体に
もともとのポイントが付くので、今回消費増税で2%値上がりしたことになりますが、
キャッシュレスでお買い物をすると1%はポイントが付くと仮定すれば、実質1%の
値上げに抑えられるので、私たちにとってもメリットが大きいのではないかと思います。
 
しかし、残念ながらメリットだけではなさそうです。
本日の日経新聞で気になる記事を発見しました。
「メンタルアカウンティング」という言葉です。
人は、現金以外で支払う場合、料金が多少高くても時間を優先する傾向があるそうで、
それを行動経済学では、メンタルアカウンティングと呼ぶそうです。
 
マサチューセッツ工科大学の実証実験では、プロバスケットボールチームの
試合チケットをオークションで買う際、クレジットカード払いの人は現金払いの
人の2倍の入札額を提示し、支払方法で支出額が異なったそうです。
 
確かに言われてみれば、ガソリン代を払うとき、クレジットカードだから
1回の給油に5,000円~6,000円かかっても何とも思わずに満タンにするけど
これ、財布の中から現金で払うなら、3,000円だけ入れとこかってなるもんな。
 
そう考えると、人は無駄遣いしている意識はないけど、結果無駄遣いだったと
キャッシュレスにすることで気が付く場面がちらほら出てくるかもしれません。
無意識な分、たち悪い気がする。
 
「節約」って考えると、こまめに電源切ったり、こまめに蛇口ひねったり、
ちまちましたことを根気強くしないといけないけど、時代に逆行して現金主義を
貫くことが一番の節約かもしれません。
 
キャッシュレス初心者の方は、要注意です。

ローマ教皇来日

2019-11-24
11月23日から来日している、ローマ教皇。
1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりの来日だそうです。
 
ローマ教皇とは、キリスト教の三大教派のひとつカトリックの
最高指導者。初代教皇は、イエス・キリストの12使徒のひとり
聖ペトロだと言われています。
 
本日、午前には、長崎市の爆心地公園を訪れて核廃絶へのメッセージが
発表されたようです。
 
こういう方が日本に来て、核保有に対する問題提起が何回も何回も
行われることで、本当に平和な世界が訪れたらいいですね。
 
ローマ教皇のメッセージにもありましたが、確かに各国の膨大な軍事費が
ほかの有益なことに使われると深刻な地球温暖化の歯止めができたり、
災害地に復興が早まったりする気がします。安直な考えかもしれませんが。
 
日本でも今後増え続ける社会保障費に充てたりできればいいですよね。
北朝鮮やロシアの脅威がなくなれば実現するんでしょうか。
 
38年ぶりの来日ということで、「38」という数字最近どっかで見たなと
思ったら、エリエールレディスオープンが38回でした。
 
渋野選手、速報で1位になっていました。
鈴木選手も1位タイ。両選手ともすごい集中力だと思います。
メンタル強いんだろうな。
優勝争いは、まさに、根競べ(こんくらべ)ですね。
 
ちなみに、ローマ教皇は、「コンクラーベ」という選挙で選出されるそうです。
世界どこでも最終的にはメンタルの強さが問われるんだろうか。
それにしてもコンクラーベって何語なんだろ。

マクロ経済スライド

2019-11-23
2020年度もどうやらマクロ経済スライドが発動する予定です。
年金改革として、2004年に始まったこの制度は、2015年、2019年
に発動されました。
 
来年も発動となると制度導入から3回目ということになります。
 
そもそも、「マクロ経済スライド」とは、毎年ごとの年金額の伸びを物価や賃金の
伸びより抑えることで給付額を調整し、年金制度が破綻することがないように導入
された制度です。
 
年金を100年安心と良く聞きますが、これは、
年金の受給額だけで生活していけるから人生100年安心
だと勘違いしている方が多いかもしれませんが、そういう意味ではありません。
年金制度そのものが100年続くという意味で100年安心です。
 
マクロ経済スライドが発動されるということは、分かりやすく言うと
実質的にもらえる年金額は減らされるということです。
 
一方で、将来年金はもらえなくなると極端なことをおっしゃる方が
いらっしゃいますが、これも間違いです。
 
年金制度には、所得代替率という言葉があり、50%を下回ることがないように
5年に1回財政検証が行われ、現在の年金制度についての健全さが見直しされています。
 
要は、どんなに年金の受給額が下がっても、限度が設けられているということです。
その限度額が、現役世代のお給料の半分だということです。
 
少子高齢化が進む日本に住んでいる以上、年金が減るのはしょうがないことですね。
解決策は、長く働くことと将来に向けての貯蓄です。
 
そういえば、積立NISAがいつから始めても20年間は運用益が非課税になるって
話題になっていたな。僕もそろそろ始めよっかな。
サラリーマン川柳で見たけど、ほんと、積立NISAみたいな制度があっても結局
カネNAISAだな。

第38回エリエールレディスオープン

2019-11-22
初めて観戦してきました。
エリエールレディスオープン。生で、間近で、活躍する選手を観ることが
できて感動です。
 
せっかく来たのなら、お目当てはやはり渋野日向子選手。生で笑顔を
拝むことができる、そう思っていました。
 
12番ホールのショートコースでピンそばにつけるショット。
さすがだなと思いました。これは、バーディーをとって順位を一つ上げる
記念すべき瞬間が観れると思っていましたが、結果はパーでした。
 
そんなホールで笑顔を拝むことはできませんでした。
12・13・14ホールを1打目から渋野選手を追って観てきましたが
本当にすごいなと思いました。
ゴルフのことは、あまり詳しくないですが、すごく楽しかったし、いい経験になりました。
近いうちに練習いこっと。
 
それより、プロゴルファーってゴルファー保険とか入ってるんかなぁ・・・。
ある保険会社の医療保険では、ゴルファーの方は、職業制限で入院日額の限度が7,000円だったな。
一般の方は、日額20,000円まで加入することができます。
 
プロゴルファーに7,000円って。
有限会社リスクマネジメント愛媛
〒790-0963
愛媛県松山市小坂5丁目4-18 ケンキビル3F
TEL.089-941-7272
FAX.089-941-7557
営業時間
平日 9:00~17:00
TEL 089-941-7272
営業時間外連絡先
事故に関するお問合せ
損保ジャパン事故サポートデスク
0120-256-110
(24時間365日)

契約に関するお問合せ
損保ジャパン カスタマーセンター
0120-238-381
平 日 9:00~20:00
土日祝日 9:00~17:00
TOPへ戻る