本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マクロ経済スライド

2019-11-23
2020年度もどうやらマクロ経済スライドが発動する予定です。
年金改革として、2004年に始まったこの制度は、2015年、2019年
に発動されました。
 
来年も発動となると制度導入から3回目ということになります。
 
そもそも、「マクロ経済スライド」とは、毎年ごとの年金額の伸びを物価や賃金の
伸びより抑えることで給付額を調整し、年金制度が破綻することがないように導入
された制度です。
 
年金を100年安心と良く聞きますが、これは、
年金の受給額だけで生活していけるから人生100年安心
だと勘違いしている方が多いかもしれませんが、そういう意味ではありません。
年金制度そのものが100年続くという意味で100年安心です。
 
マクロ経済スライドが発動されるということは、分かりやすく言うと
実質的にもらえる年金額は減らされるということです。
 
一方で、将来年金はもらえなくなると極端なことをおっしゃる方が
いらっしゃいますが、これも間違いです。
 
年金制度には、所得代替率という言葉があり、50%を下回ることがないように
5年に1回財政検証が行われ、現在の年金制度についての健全さが見直しされています。
 
要は、どんなに年金の受給額が下がっても、限度が設けられているということです。
その限度額が、現役世代のお給料の半分だということです。
 
少子高齢化が進む日本に住んでいる以上、年金が減るのはしょうがないことですね。
解決策は、長く働くことと将来に向けての貯蓄です。
 
そういえば、積立NISAがいつから始めても20年間は運用益が非課税になるって
話題になっていたな。僕もそろそろ始めよっかな。
サラリーマン川柳で見たけど、ほんと、積立NISAみたいな制度があっても結局
カネNAISAだな。

第38回エリエールレディスオープン

2019-11-22
初めて観戦してきました。
エリエールレディスオープン。生で、間近で、活躍する選手を観ることが
できて感動です。
 
せっかく来たのなら、お目当てはやはり渋野日向子選手。生で笑顔を
拝むことができる、そう思っていました。
 
12番ホールのショートコースでピンそばにつけるショット。
さすがだなと思いました。これは、バーディーをとって順位を一つ上げる
記念すべき瞬間が観れると思っていましたが、結果はパーでした。
 
そんなホールで笑顔を拝むことはできませんでした。
12・13・14ホールを1打目から渋野選手を追って観てきましたが
本当にすごいなと思いました。
ゴルフのことは、あまり詳しくないですが、すごく楽しかったし、いい経験になりました。
近いうちに練習いこっと。
 
それより、プロゴルファーってゴルファー保険とか入ってるんかなぁ・・・。
ある保険会社の医療保険では、ゴルファーの方は、職業制限で入院日額の限度が7,000円だったな。
一般の方は、日額20,000円まで加入することができます。
 
プロゴルファーに7,000円って。

安全運転装置に補助金

2019-11-21
どうやら、65歳以上の方を対象にサポカー新車1台当たり10万円、軽自動車は7万円
の補助金が出るようになるようですね。
 
新車でなくても、現在保有している車に安全運転装置を取り付ける費用にも補助金が
出るように予定されています。
 
最近は、高齢者の自動車事故により深刻な被害が目立っています。
安全運転装置を取り付けやすい環境が整えば、少しは、被害も軽減できそうです。
 
自動運転技術も着実に進んでいて、トヨタ自動車では、2020年夏ころに
自動運転車の試乗をお台場の公道で行う予定となっています。
これは、人の操作が一切不要になる完全自動運転の「レベル4」相当の車だそうです。
 
ところで、自動車保険はどうなるんだろう。。。
「レベル3」までは、現行の自動車保険で対応可能にする予定みたいですが
そこから先は不明です。
 
そもそも、自動運転車が流行るのかも疑問です。
自動運転車とそうじゃない車が混在して公道を走行する、そんな中で
事故が起きた場合の過失割合もどうなっていくのでしょうか。
 
とにかく、死亡事故等の被害がなくなる日が来れば良いですね。

災害準備金

2019-11-20
去年8月の台風による西日本豪雨の甚大な被害は、記憶に新しいです。
そんな中、今年も台風15号と19号が同規模の被害を与えました。
 
来年も来るのでしょうか?
地球温暖化による異常気象は、もはやニューノーマル(新常態)と
考えて備えないといけません。
 
「備え」を考えるとまっさきに火災保険ですね。
今、損保大手3社の災害準備金が半減しています。
災害準備金とは、巨大な台風などによって大規模な保険金の支払いに備えるお金ですが、
これが、来年3月期末には3850億円になる見込みです。
 
災害準備金は、昨年まで7000~8000億円規模の水準で推移してきました。
これは、紛れもなく昨年と今年の台風が影響しています。
 
個人用の火災保険は、今年10月の改定により値上がりしています。
法人向けの火災保険は、来年1月に改定が予定されています。
今後も同規模以上の災害が続けば、更なる保険料の値上がりは避けられません。
 
保険会社側にも保険料の値上げによるリスクヘッジには限界があるので、
経営体質の改善も更に求められます。
損保各社がこのような状況の中、どのように収益を確保するのか、今後注目して
見守りたいところです。
 
これから、家を建てる方なら、ハザードマップ等で河川が氾濫しないような場所、
地震の揺れが低そうな場所等を慎重に見極めていく必要があるかもしれませんね。

老後は働く

2019-11-19
2019年の「家計の金融行動に関する世論調査」で老後の生活資金を「就業による収入」で
稼ぐと答えた世帯は、48.2%ありました。
 
2007年以降で最高の割合です。また、老後の生活資金源に関する質問では、8割の方が「公的年金」
と答えています。
 
年金はあてにしているものの、足りないのではないかと思っているということです。
日本では、平均寿命が男性81歳・女性87歳、年金受給開始年齢の65歳時点での
平均余命は、男性約20年・女性約25年。
まさに、人生100年時代ということです。最近、70歳まで働くという方もちらほら
耳にするようになりました。
 
しかし、就業意欲があっても健康でなければ働くことはできません。
最近では、健康寿命というものが注目されるようになっています。
現時点では、平均寿命と健康寿命の間に大きな乖離があります。
長生きしても、健康ではないということです。
 
確かに、年金が将来減額される可能性は高いです。
そのためには、70歳まで年金を受給せずに遅らせることで、受給額を増やすなどの
工夫が求められます。
 
いずれにしても、日々の食生活や生活習慣を改め「健康」を意識することが
老後を豊かに過ごすためには、必要不可欠です。
有限会社リスクマネジメント愛媛
〒790-0963
愛媛県松山市小坂5丁目4-18 ケンキビル3F
TEL.089-941-7272
FAX.089-941-7557
営業時間
平日 9:00~17:00
TEL 089-941-7272
営業時間外連絡先
事故に関するお問合せ
損保ジャパン事故サポートデスク
0120-256-110
(24時間365日)

契約に関するお問合せ
損保ジャパン カスタマーセンター
0120-238-381
平 日 9:00~20:00
土日祝日 9:00~17:00
TOPへ戻る